★ ARNKAメール報第59号 2007.04.18
■4月22日「国民大集会」にバンチョン・パンチョイさんが出席■


 拉致問題を広く訴えるために、2007年4月22日14:00−17:00に東京・日比谷公会堂にて「国民大集会」(共催:家族会・救う会・拉致議連)が開催されます。
 タイ人拉致被害者アノーチャー・パンチョイさん甥のバンチョン・パンチョイさんが出席し、講演します。ARNKA代表海老原も講演します。

 同集会には、先だって身元が判明したルーマニア人拉致被害者ドイナ・ブンベアさんの実弟である、ガブリエル・ブンベアさんも初参加することになっており、東京で各国拉致被害者家族が顔をそろえ国際連携を訴えることになります。

 滞在中は、安部首相・麻生外相・塩崎官房長官との面会も予定されています。

 なお、タイ人拉致被害者実兄のスカム・パンチョイさんは、昨年8月に急性血液感染症で一時危篤となった後遺症による体調不良のため、出席しません。

 「国民大集会」はどなたでも無料で参加できます。
 詳細は、以下の「救う会」ウェブサイトを参照下さい。


------------------------------------------------------
ARNKA(アーンカ)メール報の定期受信は本会までメールでお申込下さい。ARNKA メール報が不要の方も同様にご連絡下さい。
------------------------------------------------------
ARNKA配布資料 メールでお申込下さい。添付ファイルでお送りいたします(無料)。
1.タイ人拉致被害者アノーチャー・パンジョイさん個人史
  (タイ語版・英語版・日本語版)
2.北朝鮮拉致問題に関するタイ外相インタビュー記事日本語訳[2006年2月]
3.タイ人拉致被害者実兄の思い
  [2006年4月ReACH/CHNK共催ワシントン拉致被害者救援コンサートで読まれた手紙]
  (タイ語版・英語版・日本語版)
4.タイ外務省ウェブサイトの北朝鮮紹介ページ日本語全訳
  [タイ-北朝鮮関係の基礎資料]
5.タイ−北朝鮮貿易額統計2001−2005年
  [タイは04年より北朝鮮の対外貿易高第3位](タイ語版・日本語版)
6.日本の北朝鮮人権法タイ語訳
7.タイ人拉致問題パンフレット[A4両面三つ折用](タイ語版・英語版・日本語版)
------------------------------------------------------
ARNKAの活動は支援者の皆様の寄付で賄われています。
拉致問題の一刻も早い解決のために皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。
ご寄付の振込先
口座名義:TOMOHARU EBIHARA(ARNKA)
銀行名:The Siam Commercial Bank
支店名:Payap University Sub Branch
口座番号:802−2−06137−3
------------------------------------------------------
The Association for the Rescue of North Korean Abductees, Chiangmai(ARNKA)
北朝鮮に拉致された人々を救援する会チェンマイ
代 表 海老原 智治 (Tomoharu EBIHARA)
Japanese Department,Payap University
Super Highway RD., A.Muang Chiangmai 50000 Thailand
infoarnka[@]gmail.com
メール送信の際はかっこを外して下さい。
------------------------------------------------------